普段掃除しづらい部分もハウスクリーニングで隅々まできれいに

メンテナンス

ダクト管

清潔な空気を得るためには清掃が必要

ダクト清掃を行うことによって、風が埃っぽいといった悩みや異臭等を改善してくれます。ダクト内に埃や粉じんがたまっていることにより、火災の原因になるということもあるため、定期的なメンテナンスが必要不可欠となっております。ダクト内に油や埃などが蓄積することによって排気能力が低下して、煙や熱気を上手く排出することができなくなってしまいます。その分排気しようと頑張るため電気代が余分にかさんでしまうため空調機器に負担をかけてしまいます。ダクト内は普段目に見えない部分ですので、排気ガラリをチェックして汚れている場合には内部もかなり汚れていることが容易に想像することができます。油だれなどの可能性もあるためダクト内から火災の危険性も考えられます。

定期的なメンテナンスが重要

ダクト清掃を定期的にすることによって、火災のリスクを低減することはもちろん、省エネにもつながります。飲食店や食品工場などで油を頻繁に使用する個所にはグリスフィルターを設置することによって汚れ具合をチェックすることができます。グリスフィルターが汚れていると、排気中の油分をフィルターでキャッチしているということがわかるため、交換や清掃をする目安にもなります。同時にダクト清掃も行なうことによって、排気しやすい環境を作ることができるため、空調機器への負担も軽減してくれます。ファンから変な音がする際にも汚れの溜まりを予想することができます。ダクト清掃を早めに行ない、吸いこみを良くして空調機器が故障しないように対策することがとても重要です。